士業関連イベント

2023/02

2023/02/05:第64回暮らし手続きの無料相談会(福島県行政書士会県民支援事業)

-福島県行政書士会/郡山支部「第64回暮らし手続きの無料相談会」を開催
https://fukushima-gyosei.jp/news/4895/

※郡山公証人合同役場の「公証人」が相談員として参加
・日時:R5/2/5(日) AM9:30~PM0:30
・場所:郡山市労働福祉会館2階「中ホール」(郡山市虎丸7-7)
・問い合わせ
TEL:024-931-4804(午前中のみ) FAX:024-973-5329
メール:koriyama-gyo(アットマーク)kyp.biglobe.ne.jp

ふるさと納税

1.概要

(1)背景や概要

ふるさと納税とは寄附により特定の地方自治体へ納税ができ、所得に応じた上限額まで所得税と住民税の寄附金控除が受けられる仕組みです。

控除限度額は「所得税:総所得の40%」「住民税(基本):総所得の10%」「住民税(特例):住民税所得割額の20%」となり、限度額を超えた分は控除対象外となります。
詳細は、総務省の「ふるさと納税の仕組み」を読むと分かりやすいかと思います。

限度額以下であれば「ふるさと納税で支払った額 – 2,000円」が全額控除されますので、返礼品付を利用した場合は、その「返礼品 – 2,000円」分の金額がお得になる感じでしょうか。

※「支払額 – 2,000円」と「控除額」が相殺され、残り2,000円で返礼品を頂いたことになる。

(2)メリット・デメリット

①メリット

・好きな自治体を選んで納税できる
・控除上限に気を付けて返礼品ありのふるさと納税を行えば、実質的に「返礼品 – 2,000円」分がもらえたことになる

②デメリット(?)

・控除を受けるために確定申告をする必要がある
・居住地以外にふるさと納税した場合、居住地の自治体税収が少し減る?(笑)

2.手順

(1)好きなふるさと納税を選んで利用

(2-a)書面での確定申告の場合:寄附証明の保管

・利用毎に郵送される「寄附金の受領書」は大切に保管
・地方自治体単位で年間寄付額をまとめて証明したいときは、仲介を担う特定事業者から「寄附金控除に関する証明書」を発行してもらう

(2-b)e-Taxでの確定申告の場合:マイナンバーカード作成やマイナポータル連携設定

・マイナンバーカードを取得し、マイナポータル連携と取得したい証明書の選択をしておく
※郵送された「寄附金の受領書」も、万一の紙面提出に備え保管しておくのがベター。

(3)確定申告

・書面で申告する場合は受領書または証明書を添付
・e-Taxの場合は、マイナポータルを介して選択した証明書の電子データ(XML形式)取得と入力が自動でなされるため、特にやること無し

3.注意点

・所得に応じた上限額に気を付けて利用
・お得さを求めるのであれば、還元率が高い返礼品を選ぶのが吉?
・確定申告を期限ギリギリで学ぼうとすると大変なので、早めに準備しておく

4.ご参考HP

-総務省/ふるさと納税のしくみ
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

-国税庁
・ふるさと納税に係る寄附金控除に関する証明書等について
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei/koujyo/kifukin.htm
・マイナポータルと連携した所得税確定申告手続
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/mnp_junbi/kakutei.htm
・マイナポータル連携可能な控除証明書等発行主体一覧
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/list.htm
・国税庁動画チャンネル/マイナポータル連携について(概要・事前設定)
https://youtu.be/I2wynAy67JM

法改正等による変更/2022-2023

2023/01/10(運用開始):建設業法施行規則等の改正「建設業許可・経営事項審査の電子申請システム」

■ご参考HP

-gBizID
https://gbiz-id.go.jp/top/
・マニュアル/gBiZIDプライム編
https://gbiz-id.go.jp/top/manual/pdf/QuickManual_Prime.pdf
・gBiZIDプライム作成ページ
https://gbiz-id.go.jp/app/rep/reg/apply/show

-国交省/建設業許可・経営事項審査電子申請システム
https://www1.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/001519393.pdf

2023/01/01( 施行 ):道路運送車両法施行規則等の改正「車検証電子化及び記録等事務の委託」

-改正について

1.公布:2022/05/20(金)
2.施行
・記録等事務の委託申請受付開始         :2022/05/23(月)
・自動車検査証の電子化及び記録等事務委託制度関係:2023/01/01(日)

-記録等事務の委託
※若干表記を変えてありますので、詳細は公式ページをご参照。

1.記録等事務
(1)委託の対象手続
①特定記録等事務(改正法74条-5):継続検査
②特定変更記録事務(改正法74条-6):変更と移転登録(券面変更を伴わない場合のみ)
(2)申請方式:電子申請(OSS)のみ

2.委託を受けるための申請
(1)申請先:運輸監理部長または運輸支局長
※軽自動車に係る記録等事務の委託を受ける場合は、軽自動車検査協会。
(2)要件
①能力:
・特定記録等事務:行政書士または行政書士法人、対象となる自動車関係の協会や事業者
・特定変更記録事務:行政書士または行政書士法人
②組織体制:車検証への適切な記録実施、検査標章の保管・出納管理、法令遵守等の監督、連絡体制、記録事務責任者、など
③必要設備:ネット、PC、プリンタ、マイナンバーカード又はgBizID、ICカードリーダー・ライター、セキュリティ対策、盗難防止、等

■ご参考HP

-国交省
・道路運送車両法施行規則等の改正について~車検証電子化による券面記載事項の変更・記録等事務の委託手続等を定めました~
https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000131.html
・記録等事務委託制度について
https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_tk6_000053.html

※委託登録の申請は軽自動車協会のみメール可能ですが、R5年からシステムでの電子申請が出来るようになるので、急ぎで無ければ待つのも良さそうです。

2022/11/18(閣議決定):建設業法施行令の一部を改正する政令「請負金額用件や技術検定関係の見直し」

-施行日

金額要件の見直し関係:2023/01/01(日)
技術検定関係    :2024/04/01(月)

■ご参考HP

-国交省/「建設業法施行令の一部を改正する政令」を閣議決定
https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo13_hh_000001_00139.html

2022/10/24(通達発出):貨物軽自動車運送事業において軽乗用車が使用可能に

-施行日

通達施行は2022/10/27(木)から。同日以降に連絡書を交付したものから運用。

-軽自動車使用の届出受理扱い

※以下に定めのない事項については、軽貨物事業経営届出等取扱通達により取り扱う。

1.積載可能な貨物重量と、偏りある積載禁止
・積載可能重量  : ( 乗車定員数 – 乗車人数 ) × 55 kg
※荷物が極端に、運転者室及び客室の前方・後方・片側に偏らないように注意。
2.届出重量以上での貨物運送及び有償の旅客運送禁止
3.過労運転防止や、酒気帯び有無確認等の運行管理
4.自家用・事業用の別と用途記載
・自家・事業用の別: 「事業用」
・用途      : 「乗用」

■ご参考HP

-国交省/貨物軽自動車運送事業における軽乗用車の使用についてhttps://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000260.html

出欠・アンケート/Google Forms

Googleが提供しているサービス「Google Forms」では、他のネットサービス同様に簡易な操作でアンケート作成ができます。

回答結果は自動集計されますので、紙面によるアンケートよりも大幅に時間節約となり便利です。
出欠確認やアンケート作成のサービスは数多くありますが、Androidスマホを持っていればGoogleアカウントも大体はお持ちですので、すぐ利用できるメリットがあります。

1.アンケート作成

(1)Google Formsのページにアクセス

以下のGoogle Formsページから「フォームに移動」し、上部左の「+」から新規作成します。
右側にはいくつか雛形があり、その下には作成済みのフォームが表示されています。

https://www.google.com/intl/ja/forms/about/

一気に新規作成に進みたければ以下。

https://docs.google.com/forms/create?hl=JA

(2)タイトルと説明入力

フォームのタイトルと説明を記載します。

それぞれ以下のように書式の変更が可能です。
・タイトル:「太字」「斜体」「下線」「リンク挿入」
・説明  :       〃      +「番号付きリスト」「箇条書き」

タイトルを入れたあと左上のフォーム名欄をクリックすれば、自動でフォーム名がタイトルと同じに入力されます

(3)各質問項目の追加

右側縦メニューの「⊕(質問を追加)」から質問を追加できます。

質問の内容によって、「ラジオボタン」「チェックボックス」「記述」「表(ラジオボタンorチェックボックス)」など回答形式を変えることができます。
回答項目の追加は[Enter]や[↓]キーで次々と行えます。

(4)設定変更

必要に応じてフォームの設定を変えます。
詳細は「設定」における項目を見た方が早いですが、よく使いそうなものを以下に記します。

①設定

-回答

・[メールアドレスを収集する]
必須のメールアドレス入力欄が質問冒頭に埋め込まれる。
デフォルトで設定しておけば、自動でチェックが入る。

・[回答のコピーを回答者に送信]
[リクエストされた場合]にすると、質問最後にコピー送信を希望するかのチェックボックスが出る。
[常に表示]にした場合は、コピーを送信する旨のコメントが出る。
回答者が必ず回答内容を確認できるようにしたければ[常に表示]推奨。

・[回答の編集を許可する]
回答後の編集を可能にする。

・[回答を1回に制限する]
チェックを入れるとgoogleアカウントでのログインが必要になる。
外した状態だと、URLを知っていれば誰でも回答できる。

-プレゼンテーション

・[別の回答を送信するためのリンクを表示]
上で回答を1回に制限しない場合に、複数回答が可能になる。
誤操作による複数回答を避ける場合は、チェックを外しておくのが無難。

②デフォルト

-[フォームのデフォルト設定]

・[デフォルトでメールアドレスを収集する]
これにチェックを入れておけば、フォーム作成時にデフォルトで必須のメールアドレス入力欄が埋め込まれる。

(5)メール送信やURL取得

右上の「送信」からメール送信やURL取得、HTML埋め込み用のコード取得が出来る。
とりあえずURL取得(短縮可能)して保存しておけば、あとはメールにコピペするだけで連絡できる。

2.回答

メール送信の場合は、届いたメール内の「フォームに記入する」から。
URL貼り付けで通知されたならば、リンクから回答ページに遷移できる。

3.結果確認

回答結果は自動集計され、フォーム作成者は「回答」から集計結果を見ることができる。

4.作成テストのスクリーンショット

IT関連の有益ページ(途中)

1.IT全般

(0)勉強サイト

①youtube

・ITパスポート 絶対合格の講座

https://www.youtube.com/c/itpassport/videos

②HP

・シンクイット

https://thinkit.co.jp/

・atmarkIT(@IT)

https://atmarkit.itmedia.co.jp/

※ユーザー登録が必要だが、有益な最新動向が得られる。

(1)ハードウェア

(2)ミドルウェア

①ウェブ

②アプリケーション

③データベース

(3)ネットワーク

(4)ソフトウェア

2.オフィスソフト

(1)資料・文章

(2)表計算

(3)個人情報管理・メール

(4)スライド

(5)メモ

(6)出版

(7)データベース

3.情報伝達・共有

(1)メール

(2)ファイル共有

(3)SNS

(4)電話

(5)テレビ電話

4.ウェブブラウザ

5.自動化

6.電子申請

7.メディアファイル

(1)動画

(2)音楽

(3)画像

(4)文書

(5)電子書籍

8.計算・自動化

(1)計算

(2)プログラム

(3)AI

9.分析

10.修理・改造

応援キャンペーン/オールふくしま

1.概要

プレミアム(割増)付き商品券を購入すれば、オールふくしま参加店舗でお得に買い物が出来る応援キャンペーンです。

申込や商品券購入、決済も全てLine上で完結するので、利用者側はスマホ一つで楽に利用ができます。
現金併用や商品券の金額以下の買い物は可能ですが、余りの換金はできませんので期間内に全て使用する必要がありそうです。

(引用:公式ページの概要資料より)

(1)プレミアム付き商品券

20%の割増あり。金額によって以下の三種があります。

5,000円券 →  6,000円分利用可能 ( 1,000円分お得 )
10,000 〃  → 12,000  〃    ( 2,000 〃   )
20,000 〃  → 24,000  〃    ( 4,000 〃   )

(2)対象期間

①利用者

事前申込:2022/ 9/26(月)9:00~ 9/30(金)17:00
申込多数の場合は抽選
購入  : 〃 10/ 6(木)9:00~10/12(水)17:00
利用  : 〃 10/13(木) ~ 2023/1/31(火)

②店舗側

・先行募集:2022/8/26(金)~9/16(金) ★終了
先行募集後も随時申込可能

2.手順

(1)利用者

Line経由でのクレジットカード情報の入力があるので、その点ご注意

①Lineでの友達登録

・スマホで公式ページから「友だち追加」に進むか、PCから遷移して表示した二次元バーコードを読み取り

商品券購入

・サイトに接続
・商品券選択
・クレジットカード支払:カード番号(16桁)とセキュリティコード(3桁)入力

商品券利用

・Line友達のオールふくしまから「利用」選択
・店舗提示の二次元バーコードを読み取り
・商品券の利用金額を入力
・店舗側にスマホを見せて、金額確認のうえ確定ボタンを押してもらい完了

(2)店舗側

①店舗の登録申請

店舗情報、入金先口座(名義人・金融機関名・口座番号)等の記入が求められます。

・WEB申請:
※9/26(月)0:00~9/28(水)17:59は、メンテナンスに付き利用不可。
・FAX:申込用紙
・郵送:FAXと同じ申込用紙事務局宛に郵送

②スターターキットの確認と二次元バーコード配置

③お客様の利用時における対応

金額確認確定ボタン押し

3.当事務所でのお手伝い

参加店舗側、利用者側を問わず、スマホやPCの操作に不慣れな方へお教えすることは可能です。
店舗側での参加申込については、確定前までの入力代行も出来ます。

サポート料金500~1,000円
ご自身で出来ない方に限らせて頂きます
購入時のクレジットカード情報入力はお手伝い致しません

4.ご参考HPなど

(1)オールふくしま

①参加店舗向け

https://syoutengai-fukushima.com/store/

②利用者向け

https://syoutengai-fukushima.com/user/

※ページ下部で登録店舗の検索も出来ます。
商品券購入利用についての資料や動画もあり。

③問い合わせ先(事務局)

・名称:オールふくしま買って応援キャンペーン事務局
(福島県商工労働部商業まちづくり課)
・所在:〒960-8041 福島市大町7番25号アクティ大町ビル5階
・TEL:0570-035-126(平日9:00~17:00)
・Eメール:katte-fukushima@tobutoptours.co.jp

地域情報/回覧・広報紙の電子版リンク(途中)

市内各区の組・班に所属している場合、月に数回の回覧や配布物が回ってくるかと思います。
全てでは有りませんが、以下のリンクから電子版を自由に読むことが出来ます。

1.いわき市での回覧・広報紙リンク

(1)いわき市

「回覧」

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1504069221991/index.html

「広報いわき」

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1445395615149/index.html

「防災マップ・ハザードマップ」

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1534907391781/index.html

「ふろんてぃあ」

http://www.iwakicci.or.jp/jouhou_kankoubutsu/iwakicci_frontear_backnumber.html

「ほうれんそう」

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1446791319482/index.html

「すいどういわき」

https://www.city.iwaki.lg.jp/www/genre/1445402770893/index.html

「生協ニュース」

https://hamadori-coop.jp/coopnews.html?id=section1

「いわき市社協だより」

https://www.iwaki-shakyo.com/jigyo/keihatsu/syakyodayori.html

(2)福島県

「ゆめだより」

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/yumedayori-backnumber.html

「廃炉を知る」

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025c/genan453.html

「県警だより」 ※福島県警本部HPから

https://www.police.pref.fukushima.jp/index.html

(3)小名浜

「しおさい瓦版」 ※小名浜まちづくり市民会議HPから

http://onahama.jp/

2.区長や行政嘱託員向け

(1)管理用シート

区員の世帯内訳や集計、変更届などが簡易に作成できるエクセルシート。

(2)会計報告用

自作した会計ツールを区の会計向けにアレンジしたもの。

Facebook/個人ページ投稿_2021年

2021/12

2021/12/30:「骨子術?」「要所押さえ」「迎合の狙い」

2021/12/26:「アベノマスク?」「寒さの吸収」「道に迷った人」「警戒心」

2021/12/25:「牛乳」「合掌と変数分離」「作務」「発言と熟考」

2021/12/24:「UFO?目撃」「この世」「出血熱」「培養脳」「ピボットテーブル搭載のテキストエディア」「リソースの用途適合性」

2021/12/20:「トヨタEVプレゼン」「クロスパス環境下でのNASリモート利用」「テレビリモコン修理」「仕事場の改良(?)/立ち仕事化と断熱」「武蔵野市の住民投票条例案」「獅子身中の虫と内通」

2021/12/17:「民主主義サミット」「文化侵食」「竜巻被害」「ドローンでのハチ駆除」「オミクロン」「暴れん坊将軍初回と油」「移民問題」「スパイ検知」

2021/12/01:「パックマン型細胞」「ぷよリンゴ」「ゴミ投棄」

2021/11

2021/11/29:「温石ファンヒーター(案)」「自動車災害ビデオ」

2021/11/21:「外国人の権限」「公約と政調会長」「米国のワ〇チン義務化への流れ」「悪事」「軽石問題」「大統領権限の一時委譲」

2021/11/11:「鬼滅の刃のバトルシーン」「86―エイティシックス―」

2021/11/10:「要件不適合PCへのWindows 11インストール」「神ツール」「IT関係の悪夢」

2021/11/04:「公海と青函トンネル」「投票における本人確認」「不法残留者へのワクチン接種」

2021/10

2021/10/31:「チェルノブイリと独裁」「投票」「寝相」「幹事長内定」「音楽演奏で射○」「京王線の事件」

2021/10/30:「結婚会見」「経済安全保障」「自作の壁掛けスマホ入れ」「詐欺SMS」

2021/10/24:「プロジェクター用三脚台の工作」

2021/10/21:「カ(蚊)」「技能実習生による密輸入」「ダグラム」「ハガキ持参不要の投票」

2021/10/19:「投票の健全性」「ハバナ症候群」「ターミネーター」

2021/10/17:「F○REと債務不履行」「最澄と空海」「福島原発の除染土」「総裁選と党の公約相違」「事前運動」

2021/10/14:「与野党政調会長の議論」「現預金課税」「ワクチン2回接種者からの二次感染率」「日本脳炎による死亡」「エアフォース・ワンのデザイン」「アフガン支援表明」「連れ子の虐待死」

2021/10/13:「出光興産の太陽光パネル撤退」「イベント・ホライズン」「延暦寺と覚恕」

2021/10/11:「すぎやまこういち氏追悼」「楽譜作成シート」

2021/10/10:「変電所火災」「米原潜事故」「工作と各個撃破」「日豪共同訓練における裁判権」

2021/10/07:「手の形」「人間アプリ論」「小室圭氏の額」「怪しいコメント」「フィラデルフィアの惨状」「党員や後援会への勝手な入会」「騒音検知」

2021/10/05:「新しい資本主義」「核兵器廃絶」「ペロブスカイト太陽電池」「小室氏母の元婚約者」「スズメバチの捕獲」「兵器の鼬ごっこ」「Go Toトラベル」

2021/10/02:「山火事」

2021/10/02:「男系継承と品位」

2021/10/01:「事件の違和感」「コロナ臨時治療施設のアイデア」

2021/09

2021/09/29:「総裁選結果」

2021/09/29:「マッチポンプ」「罰・呪い」

2021/09/28:「靖国神社参拝」「逆走事故」「悪魔」

2021/09/27:「米大統領選/マリコパ郡の監査」

2021/09/26:「オンライン会議のリスク」「恒大集団の経営難」「長引く腰痛」

2021/09/24:「不正投票防止のアイデア」「リコール署名偽造」「N階派による高市氏支持の噂」「眞子さまのご結婚」

2021/09/24:「虐待」「節約・制限と工夫」「おすすめアプリ」「変異種」「AUKUS」「簡易工作」「応援・支持」

2021/09/23:「高市早苗氏のヒトラー賞賛疑惑」

2021/09/22:「総裁選は無記名の郵便投票」

2021/09/21:「AIの危険性」「暫定対策の問題」

2021/09/20:「技巧の無い音楽会」

2021/09/19:「太陽光パネルによる温暖化 」「野田聖子氏の閣僚人事」

2021/09/17:「所見発表演説会の視聴」「ハバナ症候群」「深田萌絵氏の警告」

2021/09/16:「猪苗代湖ボート事故」

2021/09/15:「ベンチの落書き」「アフガン難民支援」「暴露本」

2021/09/13:「アフガンでの女性デモ」「アフガン現地スタッフ入国」「渡部陽一氏」

2021/09/13:「選択的夫婦別姓」

2021/09/11:「9.11から20年」「変異株オンパレード」「非mRNA型予防薬」「総裁選」

2021/09/10:「サブリミナル」

2021/09/09:「R社光通信に不具合」

2021/09/05:「高市早苗氏」「ワクチン接種後の発症」「 C国の矛盾」

2021/09/02:「アフガンに米軍が残した武器」「イベルメクチン」

2021/09/01:「カナダにおける民族同化政策」「某政党 」

2021/08

2021/08/30:「C国本土の学生が米国に殺到」

2021/08/29:「いわき市長選における後援会からの連絡」

2021/08/29:「アフガン」「国内政治・マスコミ」「AIとドローン」「モデルナ異物混入の問題」

2021/08/28:「新型コロナの遺伝子組み換え疑惑」

2021/08/27:「アフガン情勢」「スズメバチ」「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」

2021/08/21:「アフガンからの米軍撤退」「ワクチンとデルタ株」

2021/08/13:「通信費の見直し」

許認可・届出/概要

1.許認可と届出について

①許可

許可とは、ある事業を行うために行政側から得る必要があるお墨付きのようなもの。
許可が必要な事業や行為は、審査により許された又は認められた者以外は禁じられていると言えます。
申請先は、許可の種類によって地方自治体、保健所、税務署など様々です。

②認可

認可は、適法な申請が要件を満たしている際に補完的に効力を発生させるもの。
認可を得なければ、当該目的を達成できないような行為が該当します。
認可も許可の一部と捉える場合があり、例えば農地の売買や転用時に得る農業委員会の許可も、認可になります。

③届出

届出は主に事業者が事業内容を通知または報告するもので、内容が正当であれば受理されるので審査は入りません。
建設業許可における決算変更届出など、許可業者が定期的に提出を求められる届出もあります。

※上に「登録」「免許」を加えた5つを許認可と呼ぶ場合もあります。
免許についても、運転免許や医師免許、美容師免許など許可的な性質を持つものと、漁業免許のように特定の者に特権や地位を与える特許の性質を持つものがあります。

2.申請に際して

(1)要件

許認可の種類によって要件はマチマチですが、大体は以下のいずれかに当てはまるかと思います。
必ず各許認可の手引き等で詳細を確認することをお勧めします。

①「人材」:経験や能力、資格保有者など

②「モノ・場所」:資材・機材や車両運搬具、建物や土地など

③「財産」:資本金や資金調達能力など

④「計画」:事業、資金、経路、運搬などに係る計画

⑤「事業者の状況」:健康保険や雇用保険加入、納税義務の遵守、加点となる評価対象達成など

⑥「欠格要件の非該当や誠実性」

・申請書や添付書類:重要な記載の虚偽や欠如あり
・一定期間未経過:不正・違法行為による許可取消、禁固刑、暴力団関係
・未回復:意思能力欠如・不足(成年被後見、被保佐人)や破産者
・納税を怠っていたり、暴力団から支配を受けているなど
※申請者だけでなく会社役員や支配人、営業所代表も。また、申請者が未成年の場合の法定代理人も対象となる場合が多いです。

(2)準備のコツ

①整理

要件が満たされていれば、あとは申請書と添付書類の準備となります。
申請書は決められた様式での情報記載。添付書類は主にそれらの内容を証明する位置付けと言って良いかと思います。

実際のところ申請書は転記的な部分が多いので、添付書類の収集と整理の方に時間を要するかもしれません。
チェックリストの活用や並び替えなど、整理能力が関わってくるかと思います。

②効率化

申請書作成についても公開されている様式をそのまま使うこともできますが、もし何度も使う可能性がある書類ならば、エクセル等で半自動化することで正確かつ効率的に入力を行うことができます。

許可によっては有償または無償ソフトがあります。
そちらは別の記事で紹介したいと思います。

※当事務所では、申請書関係に限らずそのような独自ツールを生み出す工夫をしています。