法改正等による変更/2022

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022/10/24(通達発出):貨物軽自動車運送事業において軽乗用車が使用可能に

通達施工は2022/10/27(木)から。同日以降に連絡書を交付したものから運用。

-軽自動車使用の届出受理扱い

※以下に定めのない事項については、軽貨物事業経営届出等取扱通達により取り扱う。

1.積載可能な貨物重量と、偏りある積載禁止

積載可能重量  : ( 乗車定員数 – 乗車人数 ) × 55 kg
※荷物が極端に、運転者室及び客室の前方・後方・片側に偏らないように注意。

2.届出重量以上での貨物運送及び有償の旅客運送禁止

3.過労運転防止や、酒気帯び有無確認等の運行管理

4.自家用・事業用の別と用途記載

自家・事業用の別: 「事業用」
用途      : 「乗用」

■ご参考HP

-国土交通省/貨物軽自動車運送事業における軽乗用車の使用についてhttps://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000260.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です